株式会社コルク

「物語の力で、一人一人の世界を変える」をミッションにしたクリエイターエージェンシーです。 作品をあまねく世界に届け、クリエイターとファンが直接結びつき熱狂を生み出す世界をつくり、従来の出版流通の先にあるインターネット時代のエンターテイメントのモデル構築に挑戦します。

株式会社コルク

「物語の力で、一人一人の世界を変える」をミッションにしたクリエイターエージェンシーです。 作品をあまねく世界に届け、クリエイターとファンが直接結びつき熱狂を生み出す世界をつくり、従来の出版流通の先にあるインターネット時代のエンターテイメントのモデル構築に挑戦します。

    マガジン

    • ふむの楽屋

      ここでは、毎週日曜日更新で、 LINEマンガで連載していた「リアル・ユー」(りさこのルール)の最新ネームを先行公開していました。現在は連載中の「REACH」の裏話や「コミネ(仮)」の準備中ネームを先行公開したり、新企画のネタのタネのネームを毎週載せています。 僕の近況や、感情、出来事をしっかりとまとめたものを発信したり、 作品の構想、プロット、ネームをどこよりも早く、ここだけで公開していきます。

    • Takeuchi BOX

      漫画家・竹内絢香の好き!を詰め込んだ、「Takeuchi BOX」です。英国ネタから日々の考えまで、竹内がこれ超いいじゃん!と感じたものごとを、漫画やイラストエッセイの形にして週に一回お届けします。過去の作品がまとめてみられるのもこちらです。ご意見・ご感想・これが見たい!も大歓迎!このマガジンが、応援してくださる皆さんと私にとっての「宝箱」みたいな存在になると嬉しいです。

    • 岸田奈美のキナリ★マガジン

      岸田奈美の人生を応援してくれる親戚のような人たちが、読むことのできるマガジンです。わたしはnoteが収入源なので、このお金でゴリゴリに生きています。「事実は小説より奇なり」な話や、役に立たない話をします。最低月4本の完全有料記事全文+無料記事のおまけ部分が読めます。

    • コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

      『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

    • ざくろ秘密♥倶楽部

      漫画先読みとざくざくろの頭の中、まだ世にでてない仕事などをお見せします。 作者への投げ銭だと思ってくださると嬉しいです。 月によって解除したり購読したりしてくれたりも嬉しいです! (※ざくろ♣倶楽部との違いは、あちらは1000円払い切り。こちらは月額1000円です。)

    ウィジェット

    • 商品画像

      WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE. ~現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ~ (NewsPicks Book)

      佐渡島庸平
    • 商品画像

      ぼくらの仮説が世界をつくる

      佐渡島 庸平

    リンク

    記事一覧

    「楽しく描くのが大事」と言われて、いきなり気が楽に!

    大阪在住のイラストレーターにして、1歳児を育児中の植月えみりさん。どのようにしてマンガ専科を活用したのか、教えてもらいましょう。 ーー動物キャラを描いていても許…

    漫画を描く「新しいスタイル」を身につけられました!

    オーストラリア在住で、昨年には第14回コミチ漫画賞大賞を受賞したのが、みれさんです。コミチでの連載準備に忙しいなか、マンガ専科でも学ぼうと思った理由とは? ーー創…

    声優のスキルアップに直結。創り手たる漫画家の気持ちを理解すること。

    コルクラボマンガ専科第5期に声優枠で参加していたのが、宅録からオーディオドラマまで幅広く声の仕事をしているなつこさんと、声優であるとともに漫画も描いてしまうひが…

    ともかくマンガを完成させられるようになった。それだけでも受講の成果は大アリです。

    漫画を描きたい、でも描き上げられない……。そんな悩みを抱えながら、コルクラボマンガ専科第5期に参加したのがポポさんでした。半年間の受講で得たもの、変われた面は果…

    「楽しく描くのが大事」と言われて、いきなり気が楽に!

    「楽しく描くのが大事」と言われて、いきなり気が楽に!

    大阪在住のイラストレーターにして、1歳児を育児中の植月えみりさん。どのようにしてマンガ専科を活用したのか、教えてもらいましょう。

    ーー動物キャラを描いていても許してもらえそうだったから…… 小さいころから絵を描くのが好きで、小学生のときは漫画家になりたいと思ってました。
     でも、家庭訪問で先生が家に来たとき、母が「うちの子、漫画家になるなんて言っていて。早く目を覚ましてほしい」と言うのを聞いてし

    もっとみる
    漫画を描く「新しいスタイル」を身につけられました!

    漫画を描く「新しいスタイル」を身につけられました!

    オーストラリア在住で、昨年には第14回コミチ漫画賞大賞を受賞したのが、みれさんです。コミチでの連載準備に忙しいなか、マンガ専科でも学ぼうと思った理由とは?

    ーー創作が孤独すぎて、どうしても漫画友だちが欲しかった 私はもともとブロガーになりたくて、絵日記ブログを書き継いでいました。そこに絵も載せていたわけですが、漫画を描いているという意識はあまりありませんでした。
     それが昨年、「カラーエッセイ」

    もっとみる
    声優のスキルアップに直結。創り手たる漫画家の気持ちを理解すること。

    声優のスキルアップに直結。創り手たる漫画家の気持ちを理解すること。

    コルクラボマンガ専科第5期に声優枠で参加していたのが、宅録からオーディオドラマまで幅広く声の仕事をしているなつこさんと、声優であるとともに漫画も描いてしまうひがとまさん。おふたりに、声優枠の使い勝手と居心地について、語り合ってもらいました。

    ーー漫画家は何を考えているのか、ずっと気になっていたなつこ 私はもともと山田ズーニーさんのファンで、ツイッターもフォローしてました。あるとき、コルクラボマン

    もっとみる
    ともかくマンガを完成させられるようになった。それだけでも受講の成果は大アリです。

    ともかくマンガを完成させられるようになった。それだけでも受講の成果は大アリです。

    漫画を描きたい、でも描き上げられない……。そんな悩みを抱えながら、コルクラボマンガ専科第5期に参加したのがポポさんでした。半年間の受講で得たもの、変われた面は果たしてあったでしょうか?

    --漫画をなかなか完成させられない日々 小さいころから絵を描くこととお話を考えるのが好きで、「漫画を描きたい」いう気持ちをごく自然に抱いていました。
     でも、そんな思いは徐々にしぼんでしまいます。周りに漫画を描い

    もっとみる