株式会社コルク

「物語の力で、一人一人の世界を変える」をミッションにしたクリエイターエージェンシーです。 作品をあまねく世界に届け、クリエイターとファンが直接結びつき熱狂を生み出す世界をつくり、従来の出版流通の先にあるインターネット時代のエンターテイメントのモデル構築に挑戦します。

ヒツジゴヤ

ワタベヒツジがマンガ制作の裏側をお見せしながら、みなさまと楽しむための、遊び小屋的な場所。 連載中の「幸せの重心」「おカネの教室」を公開していきます。 有料部分では、連載マンガ「幸せの重心」を先読みできます。

  • ¥980 / 月
  • 初月無料

山とギャル(幸せの重心71話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さん・ワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→70話「幸せな奥さん」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます

スキ
2

恐怖の「で」(幸せの重心70話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さん・ワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→69話「アピール」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

スキ
7

日常と優勝(幸せの重心69話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さん・ワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→68話「暗い未来」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

スキ
6

頭に酸素を送るな!!(幸せの重心68話)

「幸せとは喜怒哀楽の調和である」というコンセプトで連載をしているマンガ「幸せの重心」(石川善樹さん・ワタベヒツジのtwitterアカウントで連載中) このnoteではマンガの先読みと、マンガの中で触れたことについて、少し掘り下げ、僕なりに感じたことを書いたりしています。 過去のnoteについて この物語のスタート地点はこちら→0話「幸せとは喜怒哀楽の調和である」 前回のお話はこちら→67話「占い通い」 *過去のnoteは全て、マガジン「ヒツジゴヤ」内で読むことができます。

スキ
5

まんが創作基地

したら領のまんが作品が並んでいる本棚。地球上のどこより早く読める。毎月8本以上更新。したらの収入源であり創作の土台、応援される場所。読者さんの溜まり場になったら嬉しい

  • ¥980 / 月
  • 初月無料

ティラノ部長71

【前回までのあらすじ】デート相手の看護師の星野さん。そしてその息子の貴文くんの突然の訪問に驚くティラノ部長であった ▼ ▼ 71話 『何だか家族みたい』

スキ
18

嫌われた花③

● 花を愛してしまった男の話 ■ここまでのあらすじ 植物のない星で、毎日仕事に明け暮れている男「ポレン」。ある日…「花」を見つける。それは初めて発見された「花」であった。しかし上司のクシャミが止まらない。危険だからと処分することになるが… 次回…金曜ごろに更新予定です ■前回 ■ 〈初めましての方へ〉 したら領のnoteの読み方&自己紹介マンガ そしてここからは したら領のnoteマガジン「まんが創作基地」を購読してくださっている方々へ 〈4話冒頭ネーム〉+〈近況報

スキ
25

ティラノ部長【66話裏話】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
23

何かのキャラクター案

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
12

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

  • ¥800 / 月
  • 初月無料

日常に埋め込まれた"暗号"を、どう掘り起こすか?

編集者とは、世間がまだ気づいていない「面白い」を発見する仕事だ。 だが、「面白い」は青い鳥のようなもので、「面白い企画はないかな?」と追い求めていると、なかなか見つからない。逆に、自分が「当たり前」と思っているものに着目すると、急に見つかったりする。 以前、『つまらないが実は宝だ!』というnoteにも書いたが、ぼくがそう考えるようになったキッカケは『ドラゴン桜』だ。 1年弱の勉強で現役合格を目指すなら、早慶よりも東大のほうが簡単というのは進学校では常識だ。暗記量がものを

スキ
63
有料
500

人生を通じて、自分は何を「引き継ぎ」たいか?

去年あたりから、「受け継ぐ」「引き継ぐ」という言葉について、よく考えるようになった。 ぼくは、新人マンガ家に「好きのおすそ分け」としてマンガを描こうと、よく伝えている。 では、「好き」とは何かと考えると、自分より先に感動した誰かがいて、その人たちが好きを深堀りし、それを僕らは受け取って、何かを好きになる。楽しみ方へのアプローチを誰も作っていないものを好きになることはない。 音楽にしても、文学にしても、ゼロイチで創作しているのではない。自分が影響を受けたアーティストや作家

スキ
82
有料
500

「Do」ではなく、「Be」で抱負を立てる

ぼくは「今年は〇〇をしよう」という目標を意識的に立てない。 年始に目標を立てることに、以前から心理的な抵抗感があったのだけど、なぜか自分でもわからなかった。天邪鬼すぎる性格なのかと考えたりもしていた。でも、その違和感が何のか、見えてきた。 人間の成長において具体的なビジョンを描くことが大事とよく言われるが、果たしてそうだろうか。予測不能な変化が連続する中で、ビジョンを描き過ぎることは、ビジョンへの執着をうみ、変化に対する柔軟さを損ねる。 正確な未来予測などできない。去年

スキ
270
有料
500

メタバース上の「NFTアバター」制作を、コルクがやる理由

学校教育などで「人の気持ちを考えなさい」とよく言われる。でも、想像力だけでできることには限界がある。「百聞は一見に如かず」ということわざがあるが、知識として頭で理解することはできても、体験したことのない感情への共感は難しい。 ぼくは、自分とは別の人の感情を体験できる唯一の手段が、「物語を読む」ことだと考えてきた。 作家は自らが経験した痛みや苦しみといった感情や、「こういう生き方をしたい」「こういう人になりたい」といった願望など、様々な感情を物語で描く。ぼくらは物語を通じて

スキ
74
有料
500

るびーのアトリエ

ここは、るびーマンガの裏舞台を覗ける場所。 完成した漫画では自分を描いたり、創作したキャラクターが物語を動かしますが、実際は全部、私自身の思考が詰まっています。

  • ¥980 / 月
  • 初月無料

新年に履くボロボロのマーチン

スキ
93

今年最後に嬉しくて泣いたこと

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
7

綿菓子の弾け飛ぶ少女の世界

「人生で最初にお金を出して買った楽曲は何?」 という質問を友人にされて、思い出したのがこの2枚のCD。 聖夜の天使たち(魔法騎士レイアース) と  スリル(布袋寅泰) 小学4・5年生だった私にはこの2つの世界線が混在していました。 お小遣いは変身ヒロインものの作品を多く掲載する漫画雑誌「なかよし」に使っていたので主食は異世界ファンタジーとドタバタラブコメディ。 「なかよし」を買った後の残りのお小遣いで単行本を買うお金は残ってなく、近所の夏祭りやフリーマーケットで手に入る

スキ
7

息子に「なんかお話して」とねだられたからロミオとジュリエットを語ってみた

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
6

ざくろ秘密♥倶楽部

漫画先読みとざくざくろの頭の中、まだ世にでてない仕事などをお見せします。 作者への投げ銭だと思ってくださると嬉しいです。 月によって解除したり購読したりしてくれたりも嬉しいです! (※ざくろ♣倶楽部との違いは、あちらは1000円払い切り。こちらは月額1000円です。)

  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

初恋、ざらり89 先読み

スキ
167

初恋、ざらり88 先読み

スキ
158

初恋、ざらり87 先読み

スキ
147

初恋、ざらり86 先読み

スキ
134