株式会社コルク

「物語の力で、一人一人の世界を変える」をミッションにしたクリエイターエージェンシーです…

株式会社コルク

「物語の力で、一人一人の世界を変える」をミッションにしたクリエイターエージェンシーです。 作品をあまねく世界に届け、クリエイターとファンが直接結びつき熱狂を生み出す世界をつくり、従来の出版流通の先にあるインターネット時代のエンターテイメントのモデル構築に挑戦します。

マガジン

  • 水縞アヤのぽんぽんマガジン

    水縞アヤの「今」をぽんぽんと詰め込んだマガジン。 創作のこと、好きなこと、うまく言えない気持ち、まだ内緒のオハナシなどありのままをお届けします。 みなさんの購読料は、水縞アヤの創作や創作の種を探すことに使わせてもらいます。 いずれは、マンガ家としてひとり立ちできるように頑張っていきたいと思いますので、ぜひぽんぽんマガジン、水縞アヤの背中おしをお願いします。

  • まんが創作基地

    1、2ヶ月早くオリジナル漫画の「先読み」ができます。時々「あとがき」や「おまけ」で創作裏話を書きます。

  • ざくろ秘密♥倶楽部

    漫画先読みとざくざくろの頭の中、まだ世にでてない仕事などをお見せします。 作者への投げ銭だと思ってくださると嬉しいです。 月によって解除したり購読したりしてくれたりも嬉しいです! (※ざくろ♣倶楽部との違いは、あちらは1000円払い切り。こちらは月額1000円です。)

  • ヒツジゴヤ

    ワタベヒツジを応援したい!という人が読むマガジンです。NETFLIXと肩を並べる強気な値段設定の理由は「みんなに応援されながらnoteの収入で生活をして、創作を続けたい」という僕の願望の表れです。今のところはマンガ制作にまつわる話/マンガの先行公開/作品の制作過程/日記などを公開しようと思っています。

  • 岸田奈美のキナリ★マガジン

    新作を月4本+過去作300本以上が読み放題。岸田家の収入の9割を占める、生きてゆくための恥さらしマガジン。購読してくださる皆さんは遠い親戚のような存在なのです!いつもありがとう!

ウィジェット

  • 商品画像

    WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE. ~現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ~ (NewsPicks Book)

    佐渡島庸平
  • 商品画像

    ぼくらの仮説が世界をつくる

    佐渡島 庸平

リンク

記事一覧

「コルクの好きのおすそわけ」はじめます!

はじめまして。 この度、コルクのメンバー達が日々ふれている「物語」を紹介するマガジン、「コルクの好きのおすそわけ」をはじめることにしました。 毎回様々なコルクの…

「○×実験室」第一弾:ファスト漫画

こんにちは。 「○×実験室」のコニシです。 ひとつ前のnoteでは、「○×実験室」プロジェクト発足の経緯をご紹介しましたが、今回は第一弾を発表します。 第一弾は、「…

「○×実験室」、はじめます!

はじめまして。 コルクで電子書籍ビジネスの担当などをしている、コニシです。 突然ですが、このたび、エンジニアの池田さん・ディレクターの古川さん(と呼んでいるので敬…

「コルクの好きのおすそわけ」はじめます!

「コルクの好きのおすそわけ」はじめます!

はじめまして。

この度、コルクのメンバー達が日々ふれている「物語」を紹介するマガジン、「コルクの好きのおすそわけ」をはじめることにしました。

毎回様々なコルクの社員たちが登場し、漫画・小説・映画・音楽・お笑い・グルメ・イベントなど、心を動かしてくれたコンテンツに宿る物語たちを、それぞれの目線から紹介していきます。

ご挨拶となるこちらの記事では、なぜこのマガジンを始めることになったか、というこ

もっとみる
「○×実験室」第一弾:ファスト漫画

「○×実験室」第一弾:ファスト漫画

こんにちは。
「○×実験室」のコニシです。

ひとつ前のnoteでは、「○×実験室」プロジェクト発足の経緯をご紹介しましたが、今回は第一弾を発表します。

第一弾は、「ファスト漫画」です!

TikTokやInstagramのストーリーなど、どんどん短く気軽に楽しめるコンテンツが好まれている現在、電子書籍の「無料試し読み」も、もっと気軽に読みやすい形にできないか。

そんなきっかけから、1巻の内容

もっとみる
「○×実験室」、はじめます!

「○×実験室」、はじめます!

はじめまして。
コルクで電子書籍ビジネスの担当などをしている、コニシです。

突然ですが、このたび、エンジニアの池田さん・ディレクターの古川さん(と呼んでいるので敬称で)と共に、「○×実験室」というプロジェクトをはじめます。

プロジェクトでの奮闘の様子を、こちらのnoteマガジンで持ち回りで書いていこうと思いますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

プロジェクトの読み方は、なんでも自由に読んで

もっとみる