見出し画像

マンガの魅せ方(演技・演出)をプロに学ぼう!コルクラボマンガ専科卒業生限定「アドバンスド講座」開講のお知らせ

株式会社コルク

書籍出版に限らず、SNSやファンコミュニティも主戦場とするプロマンガ家の育成を目的に開講された「コルクラボマンガ専科」。
今期で第7期を迎え、すでに300名以上の方が専科卒業生として、それぞれの場所で創作活動を続けています。

そんな卒業生の皆さまと、さまざまな形でコミュニケーションを継続していく中、「もっとスキルアップをしたい!」「専科に通っていたときのような新しい発見や学びを深める機会がほしい!」という声を多くいただいてきました。

そこで2023年1月より、コルクラボマンガ専科卒業生向けに、特に要望の多かった「マンガの魅せ方(演技・演出)」に特化したアドバンスド(高度)講座を開講致します。

・募集期間:2022年12月1日(木) 〜 12月14日(水)12:00 12月21日(水)12:00 までに延長しました!
・応募フォーム:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfuUUSXY6UtRJ_xXFptAPxu07At9bIqZqL3jpOmY6oDCd1Asg/viewform

募集期間が短く大変恐縮ですが、多数のご応募が予想される講座となっています。詳細を以下よりご確認のうえ、興味を持たれた方はぜひお早めにご応募くださいませ。(ご応募多数の場合は選考させていただきます)


1.講座のポイント

1) マンガの魅せ方(演技・演出)に特化したアドバンスド(高度)プログラム

演技、演出のプロフェッショナルから体系的に「読者に魅せる技術」を学び、その後自身のマンガでアウトプットしていくことを繰り返すことで、より読者に響くマンガの作り方を体得します。

2)  演技、演出を実際に体感し、表現力をつける3ヶ月

2時間×4回の演技ワークショップ、2時間×2回の演出ワークショップを通して、「自分の作るキャラクターが、どう動くと・どう話すと・どう撮ると、より魅力的にみえるのか」を掴んでいきます。
※実際にアドリブの演技などを行うことを通して、マンガ作成に必要なキャラクターの作り方、魅せ方を掴んでいきます。

3) もちろん講師陣からのフィードバックも

提出された課題に対し、マンガ専科同様に講師陣からフィードバックを行います。受講生同士の感想ももちろん積極的にお願いします。


2.受講にあたっての概要

受講期間

2023年1月10日(火)〜3月28日(火) 毎月2コマ以上の講座があります。

受講料

22,000円/月(税込) × 3ヶ月

参加方法

オフライン:4回、オンライン(Zoom):3回
※1回目、6回目終了後、懇親会開催を予定しております。
※応募人数が多い場合は、オフラインで参加できる方を優先的に選ばせていただく可能性がございます。

各回のテーマと日程

第1回 基本的なスキルを学ぶ&アドリブ劇
日付:1月10日(火)19:00〜21:00
場所:オフライン(渋谷近郊)
講師:佐渡島庸平 / 遠藤環 / 石田淡朗
第2回 演劇論、キャラづくりと脚本を学ぶ
日付:1月24日(火)19:00〜21:00
場所:オンライン
講師:佐渡島庸平 / 石田淡朗
第3回 キャラをどう動かすかを学ぶ
日付:2月7日(火)19:00〜21:00
場所:オンライン
講師:佐渡島庸平 / 石田淡朗
第4回 演出を知る
日付:2月21日(火)19:00〜21:00
場所:オフライン(渋谷近郊)
講師:佐渡島庸平 / 遠藤環
第5回 演出によって伝わるものが変わることを知る
日付:3月7日(火)19:00〜21:00
場所:オフライン(渋谷近郊)
講師:佐渡島庸平 / 遠藤環
第6回 アドリブ劇 - 決められた台本を演出を変えて
日付:3月14日(火)19:00〜21:00
場所:オフライン(渋谷近郊)
講師:佐渡島庸平 / 遠藤環 / 石田淡朗
第7回 1回目と6回目を見比べた振り返り
日付:3月28日(火)19:00〜21:00
場所:オンライン
講師:佐渡島庸平 / 遠藤環 / 石田淡朗
※都合により変更になる可能性があります。


3.講師一覧


佐渡島庸平 Sadoshima Yohei

コルク代表・講師・コルクラボ主宰


2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』などの編集を担当する。
2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。


遠藤環 Endo Tamaki

演出家・プロデューサー


元TBSの演出家・プロデューサー。『想い出にかわるまで』『クリスマス・イヴ』『愛はどうだ』『ホームワーク』『アリよさらば』等のヒットドラマを制作。また『ザ・ベストテン』『ザ・チャンス』など1980年代を代表する人気バラエティー番組を数多く担当。現在は「遠藤塾」と称し若手俳優の演技指導(某有名女優もここから巣立っている!)や劇団ノーティーボーイズなどの芝居をフォローアップ中。


石田淡朗 Ishida Tanroh

役者・プロデューサー・狂言師


1987年東京都生まれ。狂言師である父・石田幸雄と野村万作に師事し、3歳から能・狂言の舞台に立つ。国立能楽堂、歌舞伎座をはじめとする全国各地の劇場および、ニューヨーク・カーネギーホール、ロンドン・グローブ座などの海外公演にも参加。2003年、15歳で単身演劇修行のため渡英。エジンバラ演劇祭で一人芝居を公演し5つ星の劇評を受ける。その後、ギルドホール音楽演劇学校演技学科を日本人として初めて卒業。在学中に、自身の劇団The Leaf Theatre / The Improsariosを設立。LAの映画制作会社Tessellate役員、『Starfish』を制作。主な映画出演作にコリン・ファース主演『レイルウェイ―運命の旅路』。


4.応募フォーム

以下の専用フォームより、必要事項を記載のうえお申込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfuUUSXY6UtRJ_xXFptAPxu07At9bIqZqL3jpOmY6oDCd1Asg/viewform


5.お問い合せ先

本件に関する質問などは、以下の連絡先までお願いします。
Email:info+lab@corkagency.com (担当:渡邉)


コルクラボマンガ専科卒業生の皆さまと再びお会いできること、一同大変楽しみにしております。日々の創作活動に間違いなくプラスをもたらすプログラムを準備しておりますので、ご応募お待ちしております。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!